マッスルプレスで肌荒れ?本当に安心して使用出来るのか?

筋トレ(マッスルプレス)

今回はマッスルプレスで肌荒れを起こしてしまうケースがあるのかを検証します。

 

加圧シャツは長時間着ることで大きな効果を発揮します。

 

ただ、長時間着ることで肌荒れを起こしてしまったら愛用することなんて出来ませんよね。

 

安心してマッスルプレスを着用できるかどうかを詳しく調べてみましょう。

 

マッスルプレスを構成する繊維

マッスルプレス 肌荒れ
  • ナイロン:95%
  • スパンデックス繊維(ポリウレタン):5%

 

マッスルプレスはナイロンスパンデックス繊維2種類で構成されています。

 

上記画像にあるようにウレタン系の生地は静電気による皮膚刺激が懸念されます。

 

つまり、肌の弱い方はウレタン系の化学繊維が多く含まれる商品は選ばない方が良いとされています。

 

ナイロンでの肌荒れ

ナイロン

基本的にナイロン生地が原因で肌荒れを起こすケースはほとんどありません。

 

帯電もプラスに働くため、人肌には刺激になりにくいと言われています。

 

つまり肌荒れを起こしにくい素材と言えます。

 

スパンデックス繊維(ポリウレタン)の肌荒れ

スパンデックス繊維

肌荒れを起こすとすればこのスパンデックス繊維が原因になることがほとんどでしょう。

 

しかし、現在市場にある加圧シャツにはすべてスパンデックス繊維は含まれています。

 

スパンデックス繊維について詳しく知りたい方は別の記事でまとめています。

スパンデックス繊維とは?

このスパンデックス繊維は静電気を帯電しやすく肌荒れを起こす原因になりえます。

 

今までポリウレタン系の生地で肌荒れを起こしたことのある方は少し敬遠した方が良いかもしれません。

 

ただ、含有量が多くはないので問題ないケースがほとんどだとは思います。

 

マッスルプレスで肌荒れした人はいる?

口コミ(マッスルプレス)

いろいろと不安にさせてしまったかもしれませんが、

 

様々な口コミサイトやレビューを調査した結果、

 

実際に肌荒れに繋がったという事例は見つかりませんでした。

 

そういう点でもよほど敏感な方以外は問題なく使用できるかと思います。

 

マッスルプレスは加圧シャツの中でも肌に優しい

 

何度も言いますが肌荒れを起こすとすれば、スパンデックス繊維と呼ばれる伸縮性の高いポリウレタン系の繊維です。

 

先ほども記載しましたが、世の中にある加圧シャツにはすべてスパンデックス繊維が含まれます。

 

ただ、マッスルプレスはこのスパンデックス繊維の割合が他の加圧シャツに比較して少ないのが特徴です。

 

多い商品であれば20%程度のスパンデックス繊維を含みますが、マッスルプレスは5%です。

 

余談ですが、スパンデックス繊維が少ないと商品の劣化という面でもメリットがあります。

スパンデックス繊維を多く含まれる商品はすぐに傷んでしまいます。

 

含有量がすくないという意味でも数多く存在する加圧シャツの中で肌荒れを起こしにくい商品であるのは間違いありません。