マッスルプレスのスパンデックス繊維の効果について暴露!

マッスルプレス

マッスルプレスは有名な加圧シャツですが、どのような方法で加圧しているのでしょうか。

 

マッスルプレスの効果が発揮できるのはスパンデックスという名の繊維が使用されているからなのです。

 

今回はそのマッスルプレスの効果の源ともいえるスパンデックスを深く掘り下げて調査していきます。

 

スパンデックス繊維とは何?

マッスルプレス(素材)

スパンデックス繊維というのは「ポリウレタン弾性繊維」と呼ばれる化学繊維のことを指します。

 

一般的にこのスパンデックス繊維が加圧の力を左右すると言われています。

 

つまり、多く含まれていればいるほど大きな加圧を得ることが出来ます。

 

また、スパンデックス繊維はこれ単体では機能を発揮しません。

 

他の繊維を組み合わせて伸縮性の高い生地を生み出すことが出来ます。

 

スパンデックス繊維の耐久力

スパンデックス繊維 耐久性

スパンデックス繊維はポリウレタンが元になって作られています。

 

このポリウレタンは基本的にあまり強い素材ではありません。

 

繊維の伸縮性はばつぐんですが、含有量が増えれば増えるだけ当然シャツ自体の耐久力が減少します。

 

マッスルプレスにスパンデックス繊維はどの程度含まれる?

スパンデックス繊維含有量

マッスルプレスにはこのスパンデックス繊維が5%含まれています。

 

一般的にこの含有量は決して多い方ではありません。

 

世の中には多くの加圧シャツが販売されていますが、その中では低い方とも言えるでしょう。

 

一番多い商品などは20%程度含まれているものもあります。

 

しかし、先ほど耐久性の話をしましたが、スパンデックス繊維が含まれる量が増えるだけ耐久性が落ちます。

 

つまり、加圧効果を高めるために耐久性を失うことになります。

 

加圧シャツは安くはないので長く愛用したいところですが、

 

スパンデックス繊維含有量が高い商品を選べば長くは使用できないでしょう。

 

マッスルプレスの加圧は丁度いい

女性(マッスルプレス)

せっかくの加圧シャツなのだから加圧はあるだけあった方がいいと思う方も多いかと思います。

 

しかし、加圧シャツはいかに長時間着るかということが効果のキーポイントになります。

 

正直、加圧が強すぎると長時間着ることがかなりの苦痛になります。

 

そういう意味でもマッスルプレスくらいの加圧が長時間着ることの出来る丁度良い範囲と言えます。

 

また、先ほど言ったようにスパンデックス繊維の含有量が減れば、耐久性も上がるので、

 

長期的に使用する上では程よい量で繊維が含まれています。

 

マッスルプレスの効果を引き出す繊維についてのまとめ

 

ここまで簡単に加圧シャツとスパンデックス繊維の関係について解説してきました。

 

簡単にマッスルプレスの特徴をまとめます。

 

  • スパンデックス繊維は含まれる量が増えれば加圧が高まる
  • 加圧が高過ぎると長時間の着用が困難になる
  • スパンデックス繊維が含まれる量が増えれば耐久力が落ちる
  • マッスルプレスのスパンデックス繊維含有量は長期間の愛用に丁度良い

 

以上がマッスルプレスとスパンデックス繊維の関係です。

 

とにかく耐久性はどうでも良く、

 

加圧だけをもとめておられる方にはマッスルプレスはオススメ出来ません。